保険相談の際にどちらがおすすめ?掛け捨てか貯蓄

Home / 保険相談の際にどちらがおすすめ?掛け捨てか貯蓄

保険に加入するときに、掛け捨てと貯蓄型、どちらにしょうかと迷うかもしれませんが、絶対にお得なのが「掛け捨て」、それも共済の掛け捨てです。

たとえば34歳の男性が1000万円の普通死亡保障を20年間受けた後に、1000万円を貯めるといった場合です(右の表も一緒に見てください)。

ここで「養老保険に加入した場合Jと「ある共済の掛け捨て保障に加入した場合」とを比べてみます。養老保険に加入した場合、満期で受け取る金額は1000万円。月々支払う保険料は3万9400円となり、毎月20年間支払うことになります。

一方、共済の掛け捨て保障に加入した場合、月々1700円を34歳から10年間、そして44歳から10年間は2900円の掛金になります。

死亡保険金額としては最低限、年収額の確保をお勧めします。そして、多くても年収額の3年分を限度として死亡保険金額を決めることです。たとえば年収が500万の人ならば、500万円以上1500万円までの死亡保障額でよいのです。これ以上は、必要ないと,思ってよいでしょう。

こうすれば、支払う保険料が家計費の大きな負担になりはしません。これはとても大切なことです。「死亡保険金」とひと言で言っても、保険会社が支払う死亡保険金には、2つの保険金があります。

「災害死亡保険金」と「普通死亡保険金」(「病気死亡保険金」ともいわれます)の2種類です。2種類だけですから、必ず覚えておいてください。「災害死亡保険金」とは、保険契約期間中に発生した不慮の事故が直接の原因として死亡した場合に支払いをするものです。

ただし「不慮の事故が発生した日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に限り」災害死亡保険金が支払われます。災害で亡くなったからというだけでは、災害死亡保険金はおりません。

保険ではこの「免責事項」がポイントになってきますので、加入するときは「ご契約書のしおり・約款Jを必ずよくチェックしてください。

もう1つは「普通死亡保険金」不慮の事故が原因で、発生した日から180日を経過して死亡した場合には「災害死亡保険金」としては支払われませんが、「普通死亡保険金」は支払われます。

そして圧倒的に多いのは病気を原因とする「病気死亡保険金」です。死亡保険金が支払われる際の条件を見ても「災害死亡保険金」ではなく必ず「普通死亡保険金」で、必要な保障額を生命保険契約すべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>