保険の主契約と特約とは何?

Home / 保険の主契約と特約とは何?

保険商品を複雑なものにしている一つが、「主契約」と「特約』との関係です。主契約とは、保険の基本になる保障内容に対して結ばれます。ここから死亡保険金や満期保険金が支払われます。

主契約の商品には、定期保険、養老保険、終身保険、年金保険などがあげられます。特約は、主契約のオプションとして位置づけられます。どのような保障をどれくらいの期間で、といったバリエーションを持たせることで、主契約を補おうとするものです。

たとえば、終身保険を主契約とした場合、一定期間だけ保障に厚みを持たせる「定期保険特約」を加えて「定期特約付終身保険」とすることができるということです。

要するに特約とは、自分が欲しいと考えている保障を、主契約に加えていくことなのです。もちろん、主契約のみで充分であれば、特約をつける必要はありません。

こうしてみると生命保険は、自分が望む保障を好きなようにオーダーできる商品といえます。それだけに、各保険の内容を理解し、自分に必要な保障は何かを見極めておくことが大切なのです。

保険に加入するとき、健康状態を申告したり、医師に診断されたりすることがあります。これは、保険加入希望者の現在の健康状態を保険会社が判断するために行います。

それには、保険の種類や、保険金額、年齢などによって「告知書扱い」と「診査扱い」とがあります。保険加入者は、この告知や診査にありのままの事実を正しく伝える義務があります。

告知書扱いとは、医師の診査などを受けずに、保険加入者本人の告知のみによって契約を行うことです。告知とは、過去の病歴、現在の健康状態、体の障害、職業などを正しく伝えることです。

保険加入希望者が、過去の病歴や現在の健康状態などを正しく申告しなかった場合には、「告知義務違反」として保険会社は契約を解除することができます。診査扱いとは、保険会社の社医または嘱託医が加入予定者を診察した結果で、契約するかどうかを決めるものです。

診察には、問診、聴打診、体格計測、血圧測定などがあります。告知や診査が必要な理由は、健康状態のよくない人が、健康な人と同額の保険料を支払って加入する不公平を回避するためです。不正に加入した場合、保険金が一受け取れなくなる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>