Category Archives: 保険の窓口

Home / 保険の窓口
4 Posts

万が一の時にもらえる保険金額はいくらですか?各保障について、例えば、死亡時に1000 万円、入院時に1 日につき5000 円、満期(2020年)500 万というように書きだしてみましょう。また、これが掛け捨て型の保険の場合にはもらえる金額だけでなく、掛け捨て保険が満了するのはいつなのか、その年月日も確認しましょう。

その期日で保険として十分ですか? 入りすぎの保険でしょうか?終身保険や養老保険のように将来確実にもらえるものであれば、それはひとつの財産として考えていいでしょう。ただ、終身保険の場合は、途中で解約することもできるわけですから、60歳で解約したらいくら、70歳ならいくらと書き出しておくこともいいかもしれません。また、自分の契約している保険は有配当、無配当、利差配当なのかもチェックしましょう。そして、配当が出ている場合には、いくらの配当がいつでたのかも書いておくと参考になります。

3) 支払いはどうなっているでしょうか?各保障について支払いが全期型なのか更新型なのかをはっきりさせておきましょう。そして、更新型の場合は次の更新年と何年おきの更新なのかを書き入れておきましょう。続いて支払い総額です。これは保険証券をみると各保障に対していくらの保険料になっているのかが明記されていますから、これをもって計算してみましょう。

30年といった期間になると案外支払っていることがわかります。この総額を支払い総額を鉛筆などで書き入れるとか、メモを添付しておきましょう。今までに全部でいくら払ったのか、これからいくら払うのかと計算しておくのです。

このとき注意していただきたいことがあります。それは、医療特約のように例えば80才までの保をする場合には、主契約の払い込みが終了した時点で、20年分の特約料を支払わなければならなかったりするからです。保険の一括払いや前払いも検討しておきましょう。そして、前払いなどを検討する価値があれば保険会社に問い合わせていくらになるのかを尋ねてみるのがいいでしょう。逆に保険を辞めて解約する場合の解約返戻金( 解約払い戻し金) についてもメモを残しておきましょう。

もし、今現在辞めた場合、総額でいくらもらえるのか、また定期保険特約などで長期の全期型の場合にも解約払い戻し金がもらえる場合もありますので、できるだけ細かくポイントを書いてみてください。わからなければ保険会社が計算してくれるはずです。

前の欄で更新型と書いたものは、更新ごとに値上がりしていきます。値上がり分もきちんと試算しておきましょう。3) 貯蓄性の高いものなのか?つぎは少し難しくなります。それぞれの保障が貯蓄性重視のものなのか、掛け捨ての保険重視のものなのかを判断してください。貯蓄性重視のものは、予定利率を明確にわかるようにしておきましょう。予定利率は、保険証券には書かれていませんが、各会社に問い合わせるなり、この本の予定利率のページを参考にしてください。

4) 誰のための保険か?次には誰のための保障なのかを考えましょう。例えば、自分か50才以前に亡くなった場合の妻と子どもたちの生活資金と教育資金といった具合です。また、養老保険であれば、貯蓄目的とか老後の年金であったり、ご自分のための医療保険ということも考えられます。

保険無料相談 人気

保険に加入するときに、掛け捨てと貯蓄型、どちらにしょうかと迷うかもしれませんが、絶対にお得なのが「掛け捨て」、それも共済の掛け捨てです。

たとえば34歳の男性が1000万円の普通死亡保障を20年間受けた後に、1000万円を貯めるといった場合です(右の表も一緒に見てください)。

ここで「養老保険に加入した場合Jと「ある共済の掛け捨て保障に加入した場合」とを比べてみます。養老保険に加入した場合、満期で受け取る金額は1000万円。月々支払う保険料は3万9400円となり、毎月20年間支払うことになります。

一方、共済の掛け捨て保障に加入した場合、月々1700円を34歳から10年間、そして44歳から10年間は2900円の掛金になります。

死亡保険金額としては最低限、年収額の確保をお勧めします。そして、多くても年収額の3年分を限度として死亡保険金額を決めることです。たとえば年収が500万の人ならば、500万円以上1500万円までの死亡保障額でよいのです。これ以上は、必要ないと,思ってよいでしょう。

こうすれば、支払う保険料が家計費の大きな負担になりはしません。これはとても大切なことです。「死亡保険金」とひと言で言っても、保険会社が支払う死亡保険金には、2つの保険金があります。

「災害死亡保険金」と「普通死亡保険金」(「病気死亡保険金」ともいわれます)の2種類です。2種類だけですから、必ず覚えておいてください。「災害死亡保険金」とは、保険契約期間中に発生した不慮の事故が直接の原因として死亡した場合に支払いをするものです。

ただし「不慮の事故が発生した日からその日を含めて180日以内に死亡した場合に限り」災害死亡保険金が支払われます。災害で亡くなったからというだけでは、災害死亡保険金はおりません。

保険ではこの「免責事項」がポイントになってきますので、加入するときは「ご契約書のしおり・約款Jを必ずよくチェックしてください。

もう1つは「普通死亡保険金」不慮の事故が原因で、発生した日から180日を経過して死亡した場合には「災害死亡保険金」としては支払われませんが、「普通死亡保険金」は支払われます。

そして圧倒的に多いのは病気を原因とする「病気死亡保険金」です。死亡保険金が支払われる際の条件を見ても「災害死亡保険金」ではなく必ず「普通死亡保険金」で、必要な保障額を生命保険契約すべきでしょう。